今日の1枚。ぬい撮り写真のLightroom編集(2枚目)

Lightroom

今日も、力丸さんをおめかしします。

「ぬいぐるみ=やわらかく・暖かく・ふわふわ」な写真を目指して編集します。

ぬい撮りの編集で一番心がけていること

やわらかい写真にすること。

です。堅いぬいぐるみの写真を見ても温かみを感じませんしね。

今回はこの写真をAdobeの「Lightroom」で編集します。

「ライト」から調整していきます。

白がハチャメチャになってますね。背景が暴れています。

「ハイライト」「白レベル」を思いっきり下げます。下げても主張が強い。。

まぁこういう写真も、たまにありますよね。

自分の場合は「ハイライト」「白レベル」「シャドウ」「黒レベル」「コントラスト」「露光量」の順番で「ライト」の項目は調整しています。

最初に「露光量」を調整してから、「ハイライト」などを調整すると、明るくなりすぎたり暗くなりすぎたりしてしまうので、最後に調整するようにしています。

自分流ですよ。あくまで。

っでこれが「ライト」の項目を編集した写真。

次は「トーンカーブ」を調整

コントラストを強調したい場合は、トーンカーブの斜線を、「S字」のような形に調整すると明るい場所はより明るく、暗い場所はより暗い写真に編集できます。

今回は、少し「コントラスト」を強めにしました。

次は「ホワイトバランス」を調整

「色温度」は少し高めに調整。りきまるさんがピクニック中にお弁当を食べている1枚なので、やっぱり暖かい写真がいいと思います。

「色かぶり補正」は、全体的に同じ色合いにならないように調整。

「自然な彩度」は、気持ち高めで調整。高すぎても色が割れてしまいます。

「彩度」も、気持ち高めで調整。

次は「カラーミキサー」の調整

「自然な彩度」「彩度」で、力丸さんのお口が真っ赤になってしまったので編集。

あとは、センスのいい帽子のコントラストを気持ち低めに調整しました。

また、全体的に「オレンジ」が強いので、少し弱くしました。

次は自分の中で一番重要視している「効果」の調整

「ぬいぐるみ=やわらかく・暖かく・ふわふわ」がモットーです。

なので「テクスチャー」「明瞭度」を強めに下げて、ふんわり仕上げます。

「かすみの除去」は少し高めに設定。

最後の「ディテール」を調整。

「ディテール」は輪郭の強弱の調整に使います。

若干高くしました。詳しい説明はまた今度。

「ノイズ軽減」は名前通り、写真のノイズを調整します。

ISOを高く設定して撮影すると、写真全体にノイズが写ってしまいます。高感度撮影・夜景とか星空とか撮影したときに、ISOを高く設定するとノイズが走ります。

これを調整して消すことができるのが「ノイズ軽減」です。

やりすぎると、ぼやけた写真になるので程よく調整します。

っで編集した写真がこれ。

元画像がこれ。

元画像の場合は、全体的に白い写真ですが、編集するとコントラストのいい感じの写真に仕上がりました。

若干暗いかなぁー。

ってことで、今日の編集終わり。

ばいばいぃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました