白か黒か。物撮りの背景について考えた。

ぬい撮り

物撮りの背景。。最近の一番の悩みどころです。

りきまるさんとミニチュアアイテムを撮影する際に、最近一番気になっていること。

それが背景。

部屋の家具が必ず画角に入ってしまい、りきまるさんがいつも怒っています。

自分の場合は、被写体自体の色と被らないように、黒に近い色が理想なんですが黒だと暗いイメージになってしまうために『白』で撮るようにしました。

もちろん、本格的なスタジオを作ってじゃありません。

『白』といってもダイソーで、木目調の板を数枚購入して組み立てて撮影に使うようにしました。

ちなみにこれ。

黒も黒で被写体の映り方の印象が白と全然違うので捨てがたいのですが、ミニチュアを使っての撮影を今後していく中で、背景が黒だと重いイメージになってしまうので白を選択。

黒と白の比較写真。

黒と言ってもフラッシュの光も反射していない真っ黒を表現するためには「ハイミロン」という特殊な布を使用して撮影しなくてはならないのですが、自分は持っていないため普通の黒の用紙を使って比較しました。

これが黒背景。

被写体(りきまるさん)の輪郭がクッキリとわかりますね。

白背景の場合

黒背景と違って、やわらかい印象になっています。どちらかと言えば自分は白背景派なんですが、撮る人によるんですかねぇ(‘ω’)

物撮りの基本で被写体の影は映らないほうがいいんでしょうか?

影があると足元が(りきまるさんにも足ありますよ)ゴチャゴチャしてる印象があるので、影はないほうがいいのかなぁっと今思いました。

まとめると、自分は物撮りの際は白背景での撮影を今後続けていこうと思いました。

物によっては今後は「ハイミロン」っていう特殊な布を購入して撮影していこうかなぁって思います。まぁ今はメインの被写体は「りきまるさん」だから、そのうちね。

ってことで、ばいばいぃ

コメント

タイトルとURLをコピーしました